回転角度別分析機能

 エンジンのように、周期運動をする部品が多数ある場合、どの部品が主要な音源であるかを見出すことは難しい問題です。しかし、部品が多数あっても、音を発生する回転角度範囲が異なれば、音を発生する回転角度範囲のデータを分析することにより各部品が発生している音の強度や周波数特性を計算することができます。

 従来は、FFTを使用しても周波数分解の高いパワースペクトルを計算することができませんでしたが、iNAでは新開発の分析方法(特許申請中)を適用することで周波数分解能の高いスペクトルを得ることができ、どの部品が主要な音源であるか、またどの周波数成分が大きいかを計測することができます。

 下図は、自動車のエンジンルーム音の90度の回転角度範囲を分析した結果です。

回転角度別分析.jpg

iNAによる回転角度別周波数分析結果

回転角度別分析FFT.jpg

従来法による周波数分析結果

 回転角度別分析の応用としては以下のものが考えられます。

〇  エンジンのバルブ開閉音や爆発音などのどれが主要な騒音になっているかを分析する。

〇  往復動圧縮機で、バルブ開閉音や作業流体の圧縮、膨張音のなどのどれが主要な騒音になっているかを分析する。

〇 タイヤのトレッドパターン群に対して、各パターンが発生している音の特性を分析し、発生騒音の平準化を図る。

〇  稼働時に異音が発生している回転機械において、どの角度で異音が発生しているかを分析して異音の発生源を探索する。

 

騒音分析ツールトップページはこちら