独自の高性能識別技術

株式会社竹田技研

〒702-8057 岡山市南区あけぼの町25-5

受付時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
お気軽にお問合せください
086-259-0568

外観検査装置や異音検査装置のことなら
株式会社竹田技研へ

当社は、画像や音・振動の基礎技術とこれらの情報処理技術(画像処理・信号処理・パターン認識など)、及びこれらを応用した検査装置製造ノウハウを総合して、製造工程における検査装置や研究・開発部門における分析装置を製造・販売しています。

製造工程における検査装置としては、目視検査を自動化する外観検査装置・外観検査用ソフトウェアツールや異音検査・目視検査(割れ・打痕等)を自動化する異音検査装置などのパターン検査装置 StaVaTester(スタバテスタ)シリーズ を製造・販売しています。

また、研究・開発部門向けに、騒音対策を通じて培った独自の騒音分析技術をツール化した騒音分析ツールの製造・販売も行っています。

外観検査装置では、画素の濃淡値(濃度値)の統計量(標準化変量)を特徴量とし、検査範囲の全ての画素の標準化変量に対して独自のパターン 認識技術を適用する検査方法(StaVaTester方式)を使用しています。このため、汎用性・検査精度が高く、検査レシピは高速・容易に作成できます。 

標準化変量は 平均値±3σ における、±3に相当する値です。この値が小さければ良品に近い濃度値であるといえます。

一般のパターン識別技術の識別性能

StaVaTester方式の識別性能

従来のパターン識別技術は原理的に良品と不良品を分離することができないため、従来の技術を使用する検査装置は、良品の一部を不良品と判定する間違い(第1種エラー:過検出)や不良品の一部を良品と判定する間違い(第2種エラー:見落とし)を避けることができません(右上図)。画像処理を使用する外観検査装置の性能もこの図のようになります。このため、過検出や見落としが問題になっています。

そこで、当社では従来の方法の問題点を解消し、良品と不良品を高精度で分離することができる識別技術であるStaVaTester方式を開発しました。この技術を使用すると、過検出や見落としをかなり抑制することができます(右下図)。

当社の外観検査装置や異音検査装置はこの方式を適用して自動検査を行うため、従来法と比較すると高精度の検査が可能になります。


サービス(取扱商品)のご案内

外観検査用ソフトウェアツール

StaVaTester方式の検査原理を使用する外観検査装置製作用のソフトウェアツールです。本ツールを使用すれば、少数の関数コールでStaVaTester方式の外観検査ができます。

画像処理方式の外観検査ソフトを開発されている場合は、検査部を入れ替えるだけでStaVaTester方式の外観検査装置にすることができます。

税別価格は25万円です。

外観検査装置

StaVaTester方式の検査原理を使用する目視検査の自動化装置です。高速・高精度の検査が可能で、検査レシピを容易に作成することができます。

異音検査装置

StaVaTester方式の検査原理を使用する異音検査と傷検査を自動化する装置です。高速・高精度の検査が可能で、容易に検査レシピを作成することができます。

能動型異音検査装置を使用すると、傷などの表面・内面検査が可能です。受動型ではエンジンやギアなどの良・不良を検査することができます。

オプション機能として製品品質の傾向分析機能もあります。

騒音分析ツール

長年にわたり行ってきた騒音対策業務を反映して、効率的に騒音対策ができる新規の騒音分析機能を多数備えた騒音対策に特化した周波数分析装置です。

当社の3つの特徴

独自の高い技術力

検査性能(ヒストグラム)

製造工程における外観検査や異音検査を高精度で行う自動検査装置が求められています。

当社は高精度検査を可能にする技術を開発し続けています。これまでに、99.99%以上及び99.999%以上の検査精度を実現した検査方法も開発しました。StaVaTester方式の検査精度はこれを超えることも可能な性能を持ちます。

 

低コストで検査実現

卓上型外観検査装置

StaVaTester方式を使用する検査装置は汎用性が高いため、検査ソフトのカスタマイズをそれほど必要としません。このため、安価に検査装置を製作することができます。

初期段階の検査可能性の評価は無償で行います。

実用性の評価(N増し)時は、無償でデモ機をお貸出しします。デモ機は汎用性が高いため、デモ機で実現可能であることがわかれば実際の検査に適用することが可能です。

品質の管理・分析をサポート

異音検査装置では、品質の良否に対応する類似度や良品率・不良品率の傾向を分析することができ、類似度の逐次推移、類似度・良品率・不良品率の日平均推移、週平均推移、月平均推移を分析・表示することができます。

これにより、製造品質が低下していないかどうかを確認することができます。

丁寧なサポート

1件1件丁寧な対応を心がけています。

協業について

接写型ラインカメラを製造販売されているコアテック株式会社様と共同で、接写型ラインカメラとStaVaTesterIIを融合した外観検査装置を開発致しました。この装置は、接写型ラインカメラの特長を活用した外観検査装置で、以下の特長を持っています。

 ・接写型のため、狭いスペースでも検査ワークの撮影が可能です。

 ・接写型のため、歪みのない画像を撮影できます。

大きなワークであっても、同じ模様は、中央部にあっても端部にあっても同じように撮影されます。

 ・検査範囲が広く、欠陥が微細な検査(高画素検査)も容易に行えます。

また、StaVaTesterの特徴を生かし、以下の検査に適用可能です。

 ・シート状の製品(ロール・ツー・ロール)の外観検査

  各種ラベル、PCBパターン 等 繰り返しパターンを有するもの

  ・平坦性のある機械部品の外観検査

  メタルシール、金属シール面、など表面の状態にばらつきのあるもの