代表取締役ご挨拶

   近年、製造工程において、画像や音・振動などのパターン情報を基に製品の良否を

顔写真小.jpg

検査するパターン検査の自動化が求められています。そこで、弊社ではものづくりの現場でご使用いただけるパターン検査装置の研究開発とその実用化に向けて邁進いたしております。

  これまでに培ったパターン認識技術、音響技術、画像処理・信号処理技術、人工知能技術、パターン検査装置製造ノウハウなどを総合して、目視検査や異音検査の自動化を可能とする各種検査装置を商品化してまいります。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。                                                     代表取締役 竹田 博


弊社トップページはこちら

会社概要

 

 会社名 

 株式会社竹田技研 

 設 立

 2010年7月

 資本金

 500万円

 代表取締役

 竹田 博

 事業内容

 騒音分析ツール製造・販売、外観検査装置製造・販売、色判別装置製造・販売、異音検査装置製造・販売、ソフトウェア制作請負

 所在地 

〒702-8057
岡山市南区あけぼの町25-5

TEL:086-259-0568
URL:http://www.takedagiken.jp
e-mail:info@takedagiken.jp

 取引先

(敬称略)

 アイ・ケイ・ケイ株式会社、アイシン精機株式会社、コアテック株式会社、三造テクノサービス株式会社、JOHNAN株式会社、日本光電富岡株式会社、株式会社フジキカイ、富士電機株式会社、三井造船株式会社

会社概要のトップページはこちら

弊社トップページはこちら

代表経歴

 三井造船株式会社(現三井E&Sホールディングス)の研究開発部門にて音響、振動、画像、ニューラルネットワーク(NN)などの研究を行いました。 一方、これらを総合して画像や音・振動に関連する計測装置・検査装置など、各種装置の研究・開発も行いました。 これらの装置は国立研究所や自動車会社などで使用していただき、高く評価して頂きました。

 新規に開発したNN(境界学習型NN:特許取得)を使用する検査装置は、複数の会社と共同開発しても達成することができなかったと言われた官能検査の自動化を達成し、現在も自動車製造ラインにおいて必須の検査装置としてご使用いただいております。特に、聴覚では検出できなかった不具合を検出した例が複数あり、製品の品質の向上に寄与しました。

 現在、境界学習型NNよりも高性能なアルゴリズムを使用する外観検査装置StaVaTester(スタバテスタ)IIと異音検査装置StaVaTesterIWを製造販売中です。このアルゴリズムは、統計と長く研究開発を行ってきたパターン認識技術を融合した、先進的でオリジナリティ溢れる技術になっています。

 また、騒音対策経験を基に騒音対策を効率よく行うことができる騒音分析ツール iNA(integrated Noise Analyzer:アイ・エヌ・エー) も開発しました。

 是非、お試しくださるようお願い申し上げます。

 三井造船勤務時に開発した検査装置に関する情報:境界学習型NNによる検査・診断.pdf

会社概要のトップページはこちら

弊社トップページはこちら